« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

岡﨑のつぶやき❗️

岡﨑のつぶやきYouTube

地方車①

https://youtu.be/YSICbQ8HryU

| | コメント (0)

VR体験イベント開催

Fb271082a7e54e7aa4eb6389c5fb0d70 11月20・21日両日

よさこい情報交流館においてVR体験イベントを回祭しました。

この未知数な道具を使って何か出来ないだろうか?

その前にVRゴーグルを掛けて、よさこい踊りを見るとどんな風に

見えるのかを体験してからそれぞれで思いついたことを出し合って

みればどうだろう?

と言うイベントでした。

来館者数が480人という数字を見ても皆さん興味を持たれて

いらっしゃることがわかりました。

| | コメント (0)

よさこい大旗の競演と龍馬生誕祭

11月15日は、龍馬生誕祭

今年後にも先にもワンクールのみでしたが踊れました。

龍馬生誕祭を創っておいてよかったです。

併せて13:00〜は、12チーム大旗15旗を33名の

旗振りの皆さんでの旗演舞も執り行いました。

4348ccb939124c6cbc8b2b8f5888216f

| | コメント (0)

四万十市旗の競演

11月7日(土)四万十市の町おこしイベント旗の競演に

審査員として行ってきました。

四万十市商工会議所青年部の皆さんの頑張りで

このイベントはコロナ禍にも関わらす開催出来ました。

生憎午前中まで雨が降っていましたが、

イベントが始まると何とか雨も我慢してくれて

支障なくスケジュールが進んでいきました。

旗振りさんは、湿度が高いので旗が重そうで

可哀想でしたが、頑張って振っていました。

優勝は、地元チームの幡舞人さんおめでとうございます。

1Aa600108a8fb44b9ab3be2dc061db40f

| | コメント (0)

拍手と手拍子

00827dd236844ec2aba3d7e4e9fb730b



よさこい祭りは、商店街の振興と市民の健康の為と銘打って

始まったが、初期は、道路使用許可が下りず競演場は舞台となり

舞台が作れないところは広場で思考を凝らして開催されていたが、

よさこい祭を仕掛けた人達の思いは、舞台ではなく阿波踊りのように

流して踊る形式にしたかったようだ。

 

第一回よさこい祭り映像をYouTubeで見ることが出来るが、

本部競演場は、お城の追手門内の特設舞台となる

勿論踊り子さんは舞台を回りながら踊っている。

道路で踊っているのは無許可らしいが大らかな時代だったことが分かる。

時は一気に進んで、1991第38回よさこい祭りに商工会議所青年部が主体となり

8/9に前日祭として中央公園会場にステージが復活する。

流し踊りが浸透していた事もあり出場チームはほぼ周りながら踊っているが、

中にはよさこい祭りで始めて観客と対面で踊るチームが出現する。

https://youtu.be/ImQiQxIUdfM

1:03:20辺りからの演舞を必見

 

対面で踊る踊り方と流しで次々と踊り子さんが前に進んで踊っていく踊り方では

観客の動きが全然違ってくる事にお気づきだろうか?

 

ステージで対面で踊る場合は、舞台上に踊り子さんが登場すると拍手で観客は迎える。

踊り終わると踊り子さんが礼をして拍手を贈る。

では流し踊りはどうか?

観客は、目の前を踊って流れて行く踊り子さんにそのチームの地方車から聞こえてくる

楽曲に合わせて手拍子や、団扇で踊り子さんを扇いでチームと一体となってリズムを楽しむ。

観る人と演じる人にバッチリ分かれてしまう舞台踊り

踊っている人と見ている人が一体となって溶け込んで行く流し踊り

どちらが良いかを選ぶことが出来るよさこい祭りのバリエーションの広さを

改めて感じる❣️

 

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »