« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

ネットでよさこい湘南踊り子申し込み受付開始

6月5日(日)神奈川県平塚市で開催される

「湘南よさこい祭り」
    ↓
http://www.shonan-yosakoi.com/
に参加する「ネットでよさこい湘南」の
踊り子申し込み受付を本日より開始しました。
         ↓
http://seesaawiki.jp/w/net_de_yosakoi/d/FrontPage

| | コメント (0)

春の舞について

「よさこい春の舞」出場チーム
http://www.tosa-okyaku.com/event05-06.html

3月5日(土)16:30~17:00 中央公園

■出場チーム:

ほにや、ダイヤモンドダイニングよさこいチーム、濱長花神楽、俵屋グループ

3月6日(日)15:00~17:00 帯屋町2丁目、 京町 / 16:15~18:00 中央公園

■出場チーム:

ほにや、ダイヤモンドダイニングよさこいチーム、濱長花神楽、俵屋グループ、 京町・新京橋「ゑびすしばてん連」、帯屋町筋、セントラルグループ踊り子隊、いなん、高知銀行、高知市役所踊り子隊、あたごまち愛組氣炎一座、大橋通り踊り子隊、帯屋町筋ジュニア隊、上町よさこい鳴子連、菜園場“菜の笑”さ組、万々商店街万々歳 以上16チーム

上記土佐の「おきゃく」2016イベント一覧より

↓インフォーメイションより
http://www.tosa-okyaku.com/info.html

[事務局より]
「よさこい春の舞」の開催について
会場と日程が例年と変更になりましたことについて、皆様へのお知らせが遅くなりお詫び申し上げます。
これまで開催してまいりました三翠園庭園・横坂道でのよさこいは大変好評をいただいておりましたが、ご観覧のお客様の安全確保と収容能力が課題でした。 そこで今年は、新たに「よさこい実行委員会」を立ち上げて、より多くのお客様に安心してよさこいを楽しんでいただけるよう検討し、中心商店街で開催することとなりました。春ならではのよさこいをご覧いただけますようこれからも努めてまいりますので、「よさこい春の舞」へのご声援を引き続きよろしくお願い申し上げます。

上記の通り、今年は三翠園界隈が無くなって帯屋町二丁目と京町になってますね。
日程も、第1土日になってますね早まったんかな?
それにしても告知が遅すぎますね。知り合いの関東から来高予定だった四組が、
キャンセルという事になってしまいました。残念。
少なくても二か月前には、チケット予約してますからね。

| | コメント (0)

よさこいそもそも論 1

そもそも その1

そもそも、高知のよさこい祭り本番参加チームが

他県に遠征して踊りに行くなんて事は、皆無に等

しい状況だったについて、

過去には、稀に海外で執り行われたジャパンウィ

ーク等でアメリカやヨーロッパに踊りに遠征に行

かれた有志の方々も、いらっしゃいますが、一つ

のよさこい祭り本番に参加したチームではなく、

よさこいに関わっている人達が集まって行かれた

ようです。

ところが、札幌でYOSAKOIソーラン祭りが立ち上が

った時、高知から第一回前日祭グランプリチーム

のセントラルチームが第一回YOSAKOIソーランに参

加した事は、画期的だった!

しかも、地方車を高知から自走で札幌まで持って

いくという前代未聞の出来事で、一企業さんが自力

で踊り子さんからすべての移動費宿泊費まで面倒を

見るという凄い事が起こっていた。この事が無かっ

たら、YOSAKOIソーランは、違った形になっていた

かもしれない。たまに高知系とかソーラン系とかと

よさこいチームを区別する人に会うが、YOSAKOIソ

ーランに行ったセントラルチームの踊りと風体を初

めて見た人達は、それがよさこいの形だと思ってし

まった事と、それをとても気に入って忠実にコピー

した事が、以後のYOSAKOIソーランの特徴となって盛

り上がっていったので、あれは、よさこいじゃない!

と言ってしまう事は間違いで、あれも、高知から派

生したよさこいなんですよ。と説明しています。

札幌が出来てから、25年の月日が経ちました。

他にも今年で20周年を向かえるよさこい系の祭りを

運営している地域もあります。

さらに、原宿元氣祭りが出来て今年は16年目

原宿が出来てからは、高知のチームも県外に遠征

する事がメジャーになって来て、参加してくれる

踊り子さんも増えてきました。

よさこい祭りが出来て今年で63年目であり

全国に伝播している今だから必要だと思うんですが、

一年を通じて遠征をする為の専門チームを作ってお

かないと、オフシーズンに解散しているチームの代表

さんや、振り付けの先生にお願いして付け焼刃で人を

募って受け身のままで遠征していてもよさこいは伝わらな

いでしょう。しっかり攻める予算を持ってしっかり形にして

いけるといいですね。

| | コメント (0)

改訂版:よさこい哲学注入 おまけ

おまけ・・・

■全国大会に付いてのお話し・・・
「よさこい祭り」後夜祭にくっついて全国大会を開催して
います。
全国に派生しているよさこい系の祭りにお声を掛けて
46チームに参加いただ いています。
子供・孫・ひ孫と全国に広がっていっている状況の中、
種類が多すぎて、ジャッジが困難を極める事を想定し
「賞」の 必要性から始まり、よさこい祭り本番で使用し
た地方車の貸し出し、各チームの進行スピード のバ
ラツキや主催窓口の決定等、いろいろな問題が上が
っておりま したが、それは高知の事、
「やってみないと分からんぞ!」で始 まったのです。
一年目は、全国を8つのエリヤに分けて、それぞれの
地域から 審査員を招聘したのですが、高知のチーム
が賞を総なめ状況に 陥ったため、方針を変えて今は
運営しています。
この賞は、よさこい系のチームを作る上で各地域で色
んな方向で 目標が立てられるようにという気持を込め
て名前を付けました。
「粋」「睦」「艶」「豪」「夢」この5つの文字に祭り心を当て
はめて、審査は県内外チームの評価をさせていた だい
ております。
「粋」を越えると「いなせ」になり、それ越えると「893」に
なってしまいます(笑)
「豪」力強さだけでは、「艶」が出ないし「粋」になりません
「夢」ばかりでは、「睦」みません 人が集まると面白い 
この賞も2015現在は、「武政英策賞」最優秀賞「輝」
優秀賞 「彩」が出来て「夢」がなくなっていますね。
地方車賞「轟」も 出来てます。いるんかなあ?

| | コメント (0)

改訂版:よさこい哲学注入⑩

その10                                2016/2加筆修正

■「よさこいは自由です」についてのお話し
「よさこいは、自由です」と、よくよさこいの説明に載ってますよね。
よさこいのルールは、
「手に鳴子を持って、前進しながら踊る事。」
「使用する楽曲は、武政先生のよさこい鳴子踊りの歌のフレーズ
が入 っていれば、アレンジは自由」と書いてあるこの2つしかあり
ませんし、 必要なかったのです。

なぜかと言いますと、祭りの「外枠」がまだ余り大きくなく、見える
範囲で分かってやっていたからです。枠の中では、少々の事はま
った くおとがめなしで遊ばせてくれていました。
若い衆は、先輩達の顔色 を見ながら「少々の事」の範囲を少し
ずつ広げる事をやり続けては様子を窺い先輩から爆弾が落ちると
また方法を変えて挑戦してきたのです。 やりすぎると先輩達も手に
負えないのでルールとして明文化して世間に 申し開きをするしかな
いのです。

こうして今の「よさこい祭り」は、かなり沢山のルールが出来てしまい、
おせいじにも、自由とはいいがたくなってきています。

「よさこいは、 自由」
これは決して「やりたい放題」ではありません。
祭りは、ルール として書いてなくても、やってはいけない事は沢山
あります。 そしてやらなければいけない事もあります。
お祭り騒ぎと「よさこい 祭り」は違うのです。

このように、当時その10には書いてありましたが、 ここ50回
を過ぎた辺りからの10年余りで、よさこい祭りのルールは、 上記
の先輩達の背中を見ていない代表さんやスタッフさんのチームの
参加 や世代交代したチームが一気に増えてきています。
追手筋本部競演場は、 物理的に全部で170チームしか通過でき
ません。口上禁止!大旗1本。 前に進まない振り付け等もっての他。

中でも地方車周りのルールは異状 に増え、今も年々増え続けています。
全国的に街を使っての祭りのあり方自体に色々と問題が起き始めてき
て います。

| | コメント (0)

改訂版:よさこい哲学注入⑨

その9                               2016/2加筆修正

■間違いじゃないので、ややこしいに付いてのお話し・・・

「よさこい祭り」のなかで、中央公園ステージが出来てからの
事ですが、踊る前と踊った後に「礼」をするチームを見かけ出
しました。その頃から祭りの「見物人」の事を「観客」と表現し
始めたのです。

競演場や演舞場と振興会は、祭りの主役である「チーム」や
「踊り子」に「よさこい祭り」と言う枠の中では、余計な事を考え
ないで思いっきり踊ってもらう為と少々の事は「祭り」という事
で目をつむって頂ける様にあらゆる所で前もって頭を下げたり
お願いして祭りの準備と根回しをしてあります。

続きを読む "改訂版:よさこい哲学注入⑨"

| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »