« 改訂版:よさこい哲学注入② | トップページ | 改訂版:よさこい哲学注入④ »

改訂版:よさこい哲学注入③

その3

■高知のチームの平均的な年間の動きに付いて・・・・

高知のよさこいチームは、踊り子を募集し始めるのが

大体6月1日スタートが大半です。 練習開始が普通の

チームで7月初旬からです。 6月に踊り子の募集が各

チーム動き出した頃に 町の若い連中の会話の中に

「今年は、どのチームで踊るう?」なんて会話が 出始め

るのです。 7月の初旬辺りからは、町のあちこちの広場や

体育館から鳴子の音が聞こえ始めます。 実は、チーム

格差はありますが、楽曲や衣装デザイン サンプル・振り

付け等は、年明けから動き始めています。 7月初旬からの

練習も練習場所確保に熾烈な戦いが 6月から水面下で

スタートしています。 各チーム練習が始まると殆んど毎日

練習をします。 中心商店街のアーケード街で練習している

光景が、 よさこい祭りの前ぶれとなり街の空気がだんだん

祭り ムードに変わってくるのです。 そのまま がぁあーっと

テンションの上がった所で 8月9日の前夜祭を皮切りに、

祭り本番8月10・11日 に思いっきり弾け飛び、入賞チームは、

ご褒美に12日の後夜祭 で踊ったらチームは潔く解散!

また来年の6月までは、 一部を除いて踊り子達は、よさこいに

関することは何も していません。(笑)

よさこい祭りは、日にちが、固定しています。

毎年8月10・11が祭り本番です。

土日に曜日を固定してしまうと、 一生祭りに参加できない人が

出来てしまいます。今年2016年から祭り本番二日目の8月11日

が休日「山の日」となりました。(笑)

Image_2

|

« 改訂版:よさこい哲学注入② | トップページ | 改訂版:よさこい哲学注入④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 改訂版:よさこい哲学注入② | トップページ | 改訂版:よさこい哲学注入④ »