« 改訂版:よさこい哲学注入④ | トップページ | 改訂版:よさこい哲学注入⑥ »

改訂版:よさこい哲学注入⑤

その5

■踊り子の髪型・化粧についてお話しますね。


各チームが踊り子の募集を始めると募集要項に

「髪型」という項目があります。

●「髪型自由」とあるチームは、髪型をどんなに

してもかまわないチームです。祭り当日は朝4時頃から

高知の美容院は、てんてこ舞で踊り子の髪を祭り

仕様に作っていきます。お気に入りの美容院の予約を

祭りの2月以上前から踊り子は取っているのです。

気合!入ってるっしょ!

●「髪型制限あり」のチームは、揃いの「かぶり物」が

あったり、揃いの「手拭」があったりしますそれでも

踊り子達は、ちょっとでも目立とうと「かぶり物」や

「手拭」を持って美容院に走ります厳しく全体美を

追求しているチームは、ファンデーションや口紅の色

まで指定します。中には化粧品メーカーまで指定がある

チームまで、最近あるそうです。

●よさこいの化粧といえば鼻筋を白く塗ったり目尻に紅を

さしたりしないといけないと思っている方がおられますが、

あれは、よさこい祭りに参加しているあるチームがやって

いた独特のやり方で、高知の他のチームは、やりません!

あくまでもそのチームのオリジナルなんです。

今は、そのチームもやっていません。

チームの中でも入賞チームなど4日間踊りますが、

4日とも美容院に行く踊り子もいます。 よさこい祭りは、

年に一回女性に『思い切り弾けてもらってガス抜きを

してもらう日』かもしれません(笑)

その為に男は、祭りの組み立てをしたり、チームを仕切

ったり、地方車を作ったり「祭り」と「女性」を支える

為に頑張ります。

よさこい祭りの当日は、高知の町が「よさこい美人」で

あふれます。

たった2日から4日間のよさこい祭り本番に高知の

女性は掛けているのです。

Image_3

|

« 改訂版:よさこい哲学注入④ | トップページ | 改訂版:よさこい哲学注入⑥ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 改訂版:よさこい哲学注入④ | トップページ | 改訂版:よさこい哲学注入⑥ »