« 何でこんな日に | トップページ | あぢい »

どこいこサービス2007レポート

競演場連合会サイトにどこいこサービス2007レポートが掲載されています

http://yosakoij.cocolog-nifty.com/dokoiko/2007/DOKOIKO_Service_2007_Report_1_edition.pdf
第54回よさこい祭りの動向を垣間見ることが出来ます。

最終的に189チーム参加となった第54回よさこい祭り

ご存知のように、よさこい祭りの特徴の一つでもある
(6月20日頃開催されるチーム代表者説明会で執り行われる
くじ引きによりタイムスケジュールの決まっている)
追手筋本部競演場と帯屋町筋演舞場以外の競演場、演舞場は、
各チームが、踊る会場を自由に選択して移動して
各会場に地方車と踊り子が到着した時点で、
申し込みをして踊るという仕組みで祭りがまわっています。

タイムスケジュールが決まっている追手筋本部競演場であっても
チームの都合により踊らなくても構わないのです(笑)

それにしても各会場別 受付・踊り開始数の推移を見て
ちょっと頭を傾げてしまいました。

知寄町の1日目17チーム2日目18チーム
菜円場の2日目の20チ-ムと、この偏りは何故起こったんだろう?

チーム検索回数も偏り始めていることも何となく気になりますが・・・・!

何とか今年も止らないで「どこいこ」頑張りましたね。
スタッフの皆さんお疲れさまっでした。ありがとうございました。

|

« 何でこんな日に | トップページ | あぢい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何でこんな日に | トップページ | あぢい »