« 秋の夜長の暇つぶし【6】 | トップページ | 秋の夜長の暇つぶし【8】 »

秋の夜長の暇つぶし【7】

第44~45回(1997~8年)・・・・つづき

競演場連合会の会長と無国籍の代表をやってる関係上逃げ回っていた上町の
役員、ついに順番上毎年行われる上町のよさこい役員選挙で会長に選ばれた私は、
この年から無国籍チームを10年の区切りとして離れることにし、
古巣上町競演場・上町踊り子隊だけに絞って、これから3年間、会長として
モチベーションの下がっていた上町競演場と上町踊り子隊の見直しに取り掛かって
いくことになります(笑)

2年間帯屋町の土曜夜市で開催していた「よさこい祭り各チーム踊り子募集案内所」を、
掲示板にして無人にしてみては?と、フト思いついた私は、各競演場や演舞場を運営し
ている商店街にも空き店舗利用で打診してみたが、よさこい期間以外によさこいの話を
しても要領を得ないので諦めたのでした。またまたふと思いついて中央公園側にある
新京橋プラザという所に行って、所長に掲示板設置を相談して快諾を得たのです。

早速掲示ボードなどを制作すると同時に、掲示申込み用紙を参加チームに送り情報を
集めて「よさこい祭り各チーム踊子募集案内ボード」を、6月1日から7月30日の間
設置する事が出来た。最初のうちこそひっそりとしていましたが、掲示板を見に来る
人が日に日に増えてきて「対面で説明する」よりよほど効率がいい結果になりました。

翌年からは5月の初め頃から「ボードの掲示は、いつからですか?」という質問が、
新京橋プラザにひっきりなしに来るようになり、6月1日お昼には、ちょうど学生は
試験中という事もあり、ボード設置を沢山の人が待ち構えている状態になりました。

今では、高知市内外の量販店等の協力を得て、5箇所に設置するに至っています。
この集客力を見て、よさこいをやっている商店街より先に量販店が打診してくるという?
私的には商店街に対して、どうしても理解に苦しむ部分です。

私はこのボードが出来てから、知り合いのそのまた知り合いと人の繋がりで集まって
成立していた今までのよさこいチームから、全く関係のない人でも連絡先が分り、
そこに申し込みさえすれば、そのチームの踊り子になれるという、よさこいチームの
参加スタイルに新しい変化が始まったな、と感じた事を今でも憶えています。

そんなある意味よさこいの参加スタイルを変えてしまった
「よさこい祭り各チーム踊子募集案内ボード」ですが誰に頼まれるわけでもなく私が
始めたことなので、その運営は完全なるボランティアです。
毎年各チームに送る掲示申込み用紙は私が代表を務めるチーム「本丁筋」のスタッフが
作って発送してくれています。そして6月1日には新京橋プラザまで、ボードと机を
私が自ら運んで設置して、7月30日には一人寂しく片付けているのは、
ご愛嬌といえるかもしれません。自分のチーム以外に他のチームの事も応援して遊び
相手を増やした方が面白いだろうという私の考え方に賛同して本丁筋のスタッフは
動いてくれています。

またこの年、競演場付近に各チームのバスが待機する事で起こる渋滞緩和と、バスの
アイドリング騒音による地域住民の苦情の解決策とチームの経費削減が目的で、
各競演場間を共同借受バスで回遊させる「バス回遊事業」をよさこい祭振興会に
提案しました。(このプランは、よさこい総研のメンバーから出たプランでした)
それに伴い振興会も前向きに検討委員会を設置して参加チームにアンケート調査を実施し
ましたが、結局私たち()よさこい総研)のアンケート調査用のバス回遊プランが採用
されず、振興会事務局プランでの趙さんとなり逆にチームによっては経費が現在より
上がってしまう調査プランが採用されました。そのせいもあってか最終的にはこのプランは
チームの賛同を得られず断念する事となりました。このやり取りで振興会メンバーそれぞれ
の立場が明確に見えてきた事を未だに覚えています。
残念!今は、バス使用チーム数が増えて、競演場の近辺のバス待機場が眼界を超えてしまっています。

今まではなんとなく「よさこい祭り」の外枠を知った上でチームを出していたり顔が繋がって
いたりで説明を現場ですれば流れを理解してくれる人が代表でチームを造ってきていましたが
段々と顔の繋がりが無く今までの暗黙のルールを知ってか知らずか帯屋町の真ん中で休憩する
チームがいたり、地方車を逆から強引に突っ込んで踊らせろとか行儀の悪いチームが出てきた
事もあり、段々と増え始めた「初出場チーム対してチーム代表者会の後、「よさこい祭り」
参加にあたってのレクチャーする事を提案し、自らも競演場連合会のkと振興会事務局で
よさこい祭りのルールに書いてない事を含めて説明会をこの年から始めました。

|

« 秋の夜長の暇つぶし【6】 | トップページ | 秋の夜長の暇つぶし【8】 »

コメント

どもっ!です
土佐山田町の禿げ男です(^.^)
お世話になっております、いやいや、凄いですね、暇つぶしのレベルは越えてますね、一度に読めない位の字数と文章力、内容です。先輩方が築いて来た苦難多き道、心して歩まねば、
私ごときは路傍の端の小さな石ころではございますが、授かったものを才と認められるようにただ磨くだけの毎日でございます。
また近日中に押し掛けますので、茶でもおごってくださりませい

投稿: 麻p | 2005年11月 8日 (火) 22時31分

出来上がった曲を持参するように!

投稿: kashira | 2005年11月 9日 (水) 14時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5618/101514

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長の暇つぶし【7】:

« 秋の夜長の暇つぶし【6】 | トップページ | 秋の夜長の暇つぶし【8】 »