« 秋の夜長の暇つぶし【Ⅲ】音2 | トップページ | 秋の夜長の暇つぶし【Ⅲ】音4 »

秋の夜長の暇つぶし【Ⅲ】音3

続き・・・・・
台数を纏める為に何チームかに声をかけてみるがどうも
乗ってこないそれでも知識のある企業チームや信頼関係の
あるチームは興味を示した。

話に乗ってこないチームは聞き取りをしてみて分かったが
どうもPA機材に関して予算だけ決めて音質や音のクオリティーに
関して興味を持ってないことが分かった。

「地方車のデザイン重視」であったり「長年同じ業者に頼んでいる」
からとか「オペレーターが気にって入る」からという答えが殆どで、
「一番後ろの踊り子に音が届いて、尚且つ先頭の踊り子も耳栓をして
踊る事がない音がでるよ」その上「コスト的にも今と殆どかわらいで
いける」と言っても全く違う理由で拒絶してくる?(疑問)
しかし、まだ自分でこのシステムの音を聞いた事のない未知数の
システムなのでとり合えず深追いはしないで、翌年50回の記念
よさこい祭りはごく少数のチームがこのシステムを積載して始まった。

8月8日いつもの様に港でPAの積み込み完了後の音だし調整
テストが始まった。音が出たとたん「おおおおお!」全く今までと
音の来かたが違う!最初から音のバランスが良い感じだ?

あらオペレーターが地方車から降りて音を聞きにこない?
気がついたら地方車の所まで70m以上はなれて音を聞いていた?
ローをもう少し上げてよさこいサウンドがほしかったので
地方車に近付いて異変に気付いた。

地方車の真横に行ったら突然携帯のバイブが震えたのでそのまま
電話に出て話し終わった時「?」
「へ?」ここの位置で電話の会話が出来るのはどうして?
昨年までと言うより今まで地方車の横で電話の会話ができるなんて
とんでもない話で、それより驚いたのは昨年までのシステムでは
携帯のバイブの振動すら全く感じ取れた事はなかったのだ。

そのまま音は出しっぱなしで地方車に乗り込みオペレーターと会話を
するのに全く大声を上げる必要もなく普通に会話が出来る事に驚いた。
スピーカーの真裏にいるのに・・・・なんでや?
音の巻き込みが全然ない、なんだか異次元の世界だった。
その上このシステムはオペレーターがMDをデッキに差し込んだら
勝手に自動的に音のバランスが取れてしまう優れものだった!(すご!)

しかし、よさこいは独特の音作りをした楽曲ソフトなので微調整を
オペレーターにお願いして一緒に地方車を降りて音を聞いてもらった。
さあ!これで明日の50回記念電車通りパレードはばっちりいけそうだ!
翌日パレードに参加する踊り子の笑顔を想像しながら一人ほくそえんでいた。

                       つづく・・・・

|

« 秋の夜長の暇つぶし【Ⅲ】音2 | トップページ | 秋の夜長の暇つぶし【Ⅲ】音4 »

コメント

おおおおおおっ!
いよいよ50回ですねっ

o(^ー^)oワクワク♪

投稿: まっき~! | 2005年11月25日 (金) 07時48分

>まっき~
音の方だけ50回ね。

投稿: kashira | 2005年11月27日 (日) 15時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5618/101522

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長の暇つぶし【Ⅲ】音3:

« 秋の夜長の暇つぶし【Ⅲ】音2 | トップページ | 秋の夜長の暇つぶし【Ⅲ】音4 »