« 秋の夜長の暇つぶし【Ⅲ】音4 | トップページ | 秋の夜長の暇つぶし【Ⅲ】音6 »

秋の夜長の暇つぶし【Ⅲ】音5

続き・・・・
地方車は・・・・「ふう!」良かった最後の中ノ橋通りまで
何とか到着最後のフラフまで音は切れずに済んだのだ。

9日のその日パレードから前夜祭まで時間が空くので
 チームは一旦解散! 夜の前夜祭で再び集合となった。
思わずオペレーターと握手して地方車を港に回送した。
実はまだ照明の取り付けが出来てなかったのだ(笑)
港に行ってもう一度音だしをしたが、別に異常はなかった。

それにしても変に暑い。やはり気温のせいなのだろうか?
と言う事はMDって鍋で煮たら膨張するんかい???
明日からの祭り本番に不安がよぎった。

前夜祭が終わってその夜、港に地方車の照明を確認に来ると
まだ照明が装着されていなかった。照明を頼んである業者がこない。
まあ!明日の昼間のうちに何とかなるだろう
念の為業者に電話したらすっかり忘れられていた(笑)

祭り本番が始まり、無事幾つかの競演場をこなして翌日追手筋に入った。
隣に某知り合いのチームと並んだ。先に向こうが出発した!
「うわぁ!ひど!!なんや汚い音やな!」
非力なPAで音を飛ばす為に音源を加工せずバリバリで出している。
けたたましい音が痛い!騒音以外何物でもなかった。数年前に同じ手法で
実験してみてこりごりのやり方をやっていたのだった。

こっちの音は向こうには全く影響してないので恐らく某チームは
音でこっちを完全に殺したと思っているだろう(あははは)
本丁筋の地方車からも音が出始めた。隣の騒音には全く影響されないまま
一番後ろまで完璧に音が聞こえていた。
オペレーターに出力音の%を確認する「ほんとかよ!」って位まだ余力を
残していた。このシステムの凄さに改めて驚いた。
やっと辿り着いたかも♪

追手筋を踊り始めて踊り子と桟敷席の横を地方車まで移動している歩いて
いるうちに昨日の観客の反応の訳が閃いた!!!!!「そうかぁ~!」

音が余りにも狭い範囲で地方車から真っ直ぐ飛んでいるので真横にいる
観客には地方車が通り過ぎて10m位進まないと曲が横の観客に聞こえてこない。
その位置の観客は本丁筋の前のチームの曲の方が聞こえていたのだった。
帯屋町筋に入ると益々見物人が接近してくるのでこのスピーカーの弱点が
良く分かった。ということは審査員が見ているタイミングでは楽曲は
殆ど聞こえてこないということになる(納得!)

                       つづく・・・・

|

« 秋の夜長の暇つぶし【Ⅲ】音4 | トップページ | 秋の夜長の暇つぶし【Ⅲ】音6 »

コメント

数年前までは毎年追手筋で見てたのですが、
この音で後ろの方の人よく踊れるなあと、
いつも感心??しながら見てました。
勘で踊ってたんですね。

投稿: hana | 2005年11月27日 (日) 09時02分

>hana
感で踊る・・・・と言うよりは前を見ながら付いて動くって
感じになっているんです。
だからどうしても列で見るとウェーブ状な見え方になって
しまいます。
だからどうしても後ろまで音を聞けるようにして、
ずれを少なくしたいとの思いでPAに拘ってしまうん
ですがそこは予算のこともあり
頭を悩ます最大の部分なんです。
賞をもらう事より一番後ろの踊り子まで、追手筋でいい音が
聞こえる事の方が自分にとって嬉しい事だったのです。

投稿: kashira | 2005年11月27日 (日) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5618/101524

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長の暇つぶし【Ⅲ】音5:

« 秋の夜長の暇つぶし【Ⅲ】音4 | トップページ | 秋の夜長の暇つぶし【Ⅲ】音6 »