« あるつぅ! | トップページ | 秋の夜長の暇つぶし【5】 »

秋の夜長の暇つぶし【4】

第42回(1995)

チームと競演場の交流を図る為に競演場連合会の次に私は無国籍

チームの代表としてのチーム代表者を集めて「よさこい祭チーム

代表者会」を設立し会議開催しました。

この時、参加してくれたのが35チームの代表者や担当者たちでした。

まだまだ会議に不慣れな私が議長をはっていたため、参加した各チーム

に色んな意見を言ってもらっているうちに時間が過ぎて2時間という

時間の中で、本来の趣旨であるホームタウン制の説明までは届かず、

充分な理解を得られないまま閉会となってしまいました。(笑)

「よさこい祭チーム代表者会」は、回を重ねる気力を私が失いこの1回

限りで立ち消えとなってしまいましたが、その名残として「各チーム踊り

子募集ボード」として今もその名前は生きています。

将来的な展望で、踊り子やチームが各競演場にホームチームとして所属を

してチームや踊り子を卒業した人やチームから人を出して高齢化と

人員不足に陥りつつある競演場の運営に参加してもらう、ホームタウン制を

確立出来ればと今も考えています。

祭りの面であり受け皿である地区の競演場が崩壊したら追手筋と帯屋町筋と

中央公園だけのよさこい祭りでは祭りとして成立しなくなってしまします。

チームを出していない競演場でもチームとの交流で競演場に対するチームの

ニーズが探れて顔の繋がったいい関係が両者に作り出せると思ったのですが

このプランは未だに糸口が見つからず宿題のままです。

もう1つこの年に前年から検討して作業委員会でよさこい祭り振興会に

向けて作成提出したものが50回までのよさこい祭り「中期計画書」でした。

運営組織の改革からはじまり50回に向けて競演場の見直しや46回の高速

道路の高知インター開通や49回の国体そして50回記念大会に向けて周り

の社会環境を踏まえての計画書でしたが殆ど振興会の反応を得る事は出来な

かった事を記憶しています。

                          つづく・・・・

|

« あるつぅ! | トップページ | 秋の夜長の暇つぶし【5】 »

コメント

なんか、懐かしい話しですな♪

思えば、この年の代表者会に呼ばれたのが頭との出会いでしたねぇ(^_^;)

投稿: 筆頭 | 2005年10月31日 (月) 18時41分

>筆頭
わすれた?もっと前だったような・・・・タナスカの前だから???

投稿: kashira | 2005年11月 2日 (水) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5618/101509

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長の暇つぶし【4】:

« あるつぅ! | トップページ | 秋の夜長の暇つぶし【5】 »