« 秋の夜長の暇つぶし【番外編Ⅱ】 | トップページ | 秋の夜長の暇つぶし【6】 »

秋の夜長の暇つぶし【番外Ⅲ】音

よさこい祭り42回辺りから1つ大きな悩みが頭に残り始めていた。
それは地方車に積載しているPA(スピーカー)から出る音の事だった。

音楽や音についての知識が普通の人より異常に無かった私は、
全く自分の感性で自分のチーム無国籍の音を聞いておいて祭り本番中に
チームを離れて他のチームの地方車の音を聞きにいった。

なんとなくこの音はいいかも?と思ったチームがあれば

地方車のオペレーターに図々しく「このスピーカーはメーカー何や?」
聞いて回った。
無国籍は踊り子がフルサイズの150人オバー?(笑)
地方車から直線距離で約80m以上後ろの踊り子に音を届けないといけない!

大音量を出して爆音にしてやかましくすればいいものではない。
それは自分自身一番嫌いな事だった。
素人の自分が聞いて、耳を手で被って聞きたくないような
馬鹿でかい音にしたくない。これは迷惑以外何物でもない!
第一に一番前の踊り子が耐えられなくなる。

この頃はソフト(音源)の良し悪しをオペレーターに良く指摘された
よさそうなPAのメーカーに変えて積載して聞いてみたが、なにせ祭りが
年に一回しか無いので何回も聞く事が出来ない。
中々これというPAにたどり着くには時間を要した。

この時代のPAの音の出る特性は音が拡がってしまいよさこいのような
使い方をする事を想定していない上に踊り子自身が消音材となり
一番後ろまで届かない事が多かった。

音(ソフト)作りも機材がどんどん進化してかなりのレベルまで
上がって来たが、まだまだ都会の凄いスタジオで音を入れている所
には程遠い環境でしかなかった。

直線で角度が狭く、音が遠くまで音の飛ぶよさこい用PA!
これだと追手筋で隣のチームに迷惑をかけずにお互いの踊り子が
気持ちよく踊り抜けていける。出来ないだろうか?・・・・・・

|

« 秋の夜長の暇つぶし【番外編Ⅱ】 | トップページ | 秋の夜長の暇つぶし【6】 »

コメント

MDを冷やしてた話を思い出しました 
おもしろいな~
いっぱいのエピソードに
早く本にしてほしいんやけど
けけ

投稿: pecoo | 2005年10月29日 (土) 20時48分

50回の時やね!
MDデッキに何回入れてもエラーで吐き出されるし?
唯一クーラー効いてる所運転席に保管してあった予備の
MDに交換したらすんなり入った(嬉)
(MDの安物は熱で膨張してエラーになるのかもしれない?)
無事電車通り記念パレードを踊りぬける事ができた。
その間ずっとアンプ関係を団扇で扇いで風送ってました(笑)

投稿: kashira | 2005年11月 2日 (水) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5618/101512

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長の暇つぶし【番外Ⅲ】音:

« 秋の夜長の暇つぶし【番外編Ⅱ】 | トップページ | 秋の夜長の暇つぶし【6】 »