« 手作り♪ | トップページ | 秋の夜長の暇つぶし【2】 »

秋の夜長に暇つぶし

昭和20年高知の街は

空襲で丸焼けになっていた。
そこから立ち上がろうとしていた高知の市民・・・・
しかし翌年21年の暮れに、今度は南海大地震が高知を襲った。
私は昭和25年生まれだからこのことは全く知らない。

第1回よさこい祭り~32回(1954年~1986年)
「地域の発展なくして商工業の発展なし」という理念の下、高知市商工会議所は
地震の打撃と不況からなかなか脱出できない高知の状況に“何かしなくては”と
いう思いから、町全体が活気づくような祭りをやろうと立ち上がりました。

それが「よさこい祭り」の始まりでした。

お座敷踊りから発展した誰でも踊れる新しい「よさこい踊り」がベースとなり、
南海大地震から7年の歳月が流れた昭和28年(1953年)に鳴子踊りの原型が生まれ
翌昭和29年(1954年)8月10・11日にいよいよ第1回よさこい祭りがスタートします。

第1回のよさこい祭り参加踊り子隊の名称をみると、
参加21団体の内、私の育った上町界隈から5チームが参加しているのは驚きでした。
というのも、その頃の私は全くよさこい祭りに興味はないまま過ごしていたのです。

私がよさこい祭りに関わり始めたのは、
それからずっと後の第33回昭和61年(1987年)36歳の時からなのです。

第33回~39回(1987年~1992年)
私とよさこいの初めての関わりは、地元の上町青年部に入り、
地元上町競演場の運営を手伝うことがきっかけでした。
わけもわからず先輩たちの手足となって必死に走りまわり祭りが終わる頃には
草履を履いていた足の皮がベロンと剥けてしまったのを今でも懐かしく思い出します。

そんなケガとは裏腹に心は多くの人と一つのものを作り上げる喜び、
そして自分が誰かの役に立っているという充実感に溢れていました。
それから3年後の第35回には「上町踊り子隊」と、
このとき初出場の「無国籍市場」(現=無国籍)の2チームに二又で
スタッフとして参加しました。

1回だけの参加で終わるはずだった無国籍市場は思いがけず初出場で
龍馬賞(現よさこい大賞)という結果となり、参加を継続をする事になってしまいました。
無国籍市場では伝統の上町踊り子隊とは全く違うチームの組み立て方を考え実験しながら
運営しており、そのノウハウを逆に上町踊り子隊にフィードバックし始めたのは、
第38回に再び無国籍が会長賞(現よさこい大賞)を受賞した翌年、
第39回からになります。
今にして思えばこの時から私は上町競演場という競演場運営の継承と、
上町踊り子隊という第一回目からフル出場の踊り子チームの継承と全くの白紙状態から
クラブチームの立ち上げと運営という3つの違うよさこいの環境の中に何時の間にか
立っていたのです。

第38回には前日祭が始まり、よさこい祭りに三十数年ぶりにステージ踊りが戻ってきました。
この時点では新しいものが出来た喜びで、何故!先輩方が苦労してよさこい鳴子踊りを
路上直進形態にしてきたかという事実は、全く頭に浮かびませんでした。

前日祭立ち上げに直接関わっていた商工会議所青年部よさこい委員会とは、
立場上関係のなかった私ですが青年部のメンバーの中には、何人かの知人
がいたので彼らに、「後夜祭」の提案をしていました。
しかし諸事情により前日祭となったのです。

この時、町で何度か顔だけは見かけた事はありましたが、Ⅰという人物を知る事となります。
この年、前日祭とよさこい祭りを見た愛知県出身の、北海道大学の学生だったH君が、
翌年6月には札幌にヨサコイソーランを立ち上げた事をニュース知りました。

この頃から知らず知らずのうちに、自分の関わっているチームや競演場だけではなく、
少しずつですが他のチームやよさこい祭り全体見るように私自身の視野が変わってきました。
毎年選挙で選任される上町の役員に、2回目の選任をされた為、無国籍の代表だった私は、
二又は無理と判断し仕方なしに無国籍は第40回の参加を断念しました。

その第40回は私にとって最も大きなターニングポイントになるのです。

                           続くかも・・・・・

|

« 手作り♪ | トップページ | 秋の夜長の暇つぶし【2】 »

コメント

続きが早く読みたいです♪

わたしが今一番知りたい話です。

投稿: よしこ | 2005年10月13日 (木) 08時18分

かも・・・とおっしゃらずに

私もよしこ~さんと同じ気持ちです。

お待ちしています。

投稿: まっき~! | 2005年10月14日 (金) 07時48分

今考えたらこの頃は、携帯すらなかった♪

投稿: kashira | 2005年10月15日 (土) 13時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5618/101504

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長に暇つぶし:

« 手作り♪ | トップページ | 秋の夜長の暇つぶし【2】 »